私たちの思い



一、
 私たちは霜降りを至上とした肥育から少し離れ、
赤身で美味しい、新しい生産肥育を目指します。



二、
農場から販売まで、顔の見える一貫性を重視します。「人の繋がり」を大切にしながらお客様のお手元までお肉をお届けいたします。
大切に育てられた牛ですから、大事に使ってくださるお客様にお使い頂けたら、こんなに幸せなことはありません。




三、
アンケートや審査にてプロの料理人であるお客様にも生産、肥育に参加して頂きたく思います。
牛が違えば、育ち方も違ってきますよね。
お肉の出来上がりや感想、情報を牧場の大下までフィードバックし、牧場と飲食の現場をもっと身近なものにしていきます。
命を一緒に創り上げませんか?




四、
牛の生命にとって負担になる餌のやり方、肥育をいたしません。経済至上主義の社会では、人間の嗜好性や経済合理性が最も重視されがちではあります。そんな中でも我々は不自然な肥育をすることなく、生命を全うする瞬間まで牛自体も幸せを感じて欲しいと願い育てています。
お肉を食べた方々と一体になる命。牛自身も幸せでなくてはなりません。




五、
三方よしの精神を大切にしています。
「さんぽうよし」とは「相手」「世間」「自分」をさして三者ともに納得する生き方、判断を大切にするという考え方です。今は誰かが極端に儲けたり、涙を流す様な話を聞いたりします。
我々は、飲食店様に納得していただける商品、金額でご提供します。そして牧場も継続して生きていける世間様からも必要とされる仕事でありたいと思います。




六、
お肉という食を通して「命」を考える活動をしていきます。これから出会う皆様とも意見交換や、
教育の現場でも発信をしていきます。
命とは何か?生きるとは何か?共に考えてみませんか。